健康に必要な栄養素はたくさんある

カラダに必要な栄養素「たんぱく質」

健康のために重要な成分が「たんぱく質」です
私たちのカラダを構成する重要な成分が「たんぱく質」です。健康のために一番と言っていいほど重要な成分なのです。その他にカラダを構成する成分として、細胞膜、ホルモン、血液、酵素があります。それぞれは基本的に毎日摂らなくてはいけない必須栄養素です。およそ体重の1/5がこのたんぱく質とも言われています。カラダを構成するたんぱく質は、新陳代謝によって古くなったたんぱく質を分解、新しく合成されます。その分解されたたんぱく質はエネルギーとして消費されたり、尿となって体外に排出されます。たんぱく質が不足するとカラダの組織に障害を与え、病原菌の感染に対して抵抗力を低下させます。そうなると寒さに弱くなったり、その他の病気にかかり易くなります。ダイエットなどでは、このことを考えて無理な食事制限はせずに低脂肪で高たんぱくな食事を心がけることが大切なのです。

https://www.meiji.co.jp/

カラダに必要な栄養素「ビタミン」

ビタミンは、カラダや心の健康を維持するために必要不可欠な物質です。このビタミンが不足すると、カラダの不調を招くことになるのです。
ビタミンCは、サプリメントやドリンク剤にも配合されている最もポピュラーなビタミンです。このビタミンCは、抗酸化物質のひとつでありその働きは、老化や病気の原因となる活性酸素から私たちのカラダを守る働きをしています。その他にも、ストレスやアレルギーの症状の改善や歯茎を強くしたり、血管を丈夫にしたりといった働きもしているのです。

同じようにビタミンEは抗酸化物質としての働きをしています。
また、ビタミンB類は精神活動にとって重要な役割を持っており、不足してしまうと精神的に不安的になってしまい、イライラしたりして短絡的な行動をするようになります。ダイエット中に精神的に参ってしまい、うつのようになったり、摂食障害や拒食症など明らかに精神的に不安定になってしまうのも、このビタミンB類の不足からくることもあります。

このビタミン類に関しては、野菜を食べて摂取するのが一番です。カロリーも低くダイエット中でもたくさん食べても問題ありません。もし野菜の量が不足しているようであれば、サプリメント類やドリンクなど積極的に摂ることをお勧めします。過剰に摂取してもビタミン類は尿から排泄されますので何ら問題はありません。

http://takeda-kenko.jp/

ダイエット中でもカラダに必要な栄養素

運動が出来ないから、摂取する食事量(カロリー)を制限するということは一概に間違いではありませんが、なるべく運動することを心がけることは健康的に痩せる場合には大切なことです。ただ、その摂取と消費のバランスがうまく取れないという場合には、ある程度の食事制限は必要になります。ダイエット中の食事制限(カロリー制限)を行うには十分な注意が必要になります。人間はカラダや脳の機能を保ち健康的な日常生活を続けるには、ダイエット中であっても一定の栄養素を摂る必要があります。当然、カロリーがオーバーしてはダイエットにはなりませんし、逆に少なくなってもいけないのです。そこがダイエットの難しいところです。このことをしっかり理解して食事の量をコントロールすれば、リバウンドしないストレスを感じないダイエットが成功するのです。

http://news.livedoor.com/