基礎代謝量について学ぼう

基礎代謝量とは生命を維持するエネルギー

ダイエットを成功させるには「基礎代謝量」を上げること
基礎代謝量とは、内臓を動かしたり、体温を維持するといった私たち人間の生命を維持するために使われるエネルギーのことです。この基礎代謝量を維持、向上させることがダイエットを成功させる重要なポイントです。この基礎代謝が低下したカラダでは、食事を減らしてもなかなか痩せることが出来ない体になってしまうのです。ダイエットをうまく成功させるにはこの「基礎代謝量」を上げることが重要なのです。
ダイエットで「エネルギーを消費」するというと数々の運動ということになりますが、消費量で考えるとこの基礎代謝による消費に比べると、ジョギングや水泳、ウォーキングなどの運動の消費エネルギーはかなり低いのです。よく耳にするのが「ご飯一杯分のカロリーを消費するにはジョギング1時間」というように、運動によるカロリー消費はかなり大変なものになります。それに比べ基礎代謝によるエネルギー消費量は圧倒的に運動より大きいのです。運動によるエネルギー消費は15~30%といわれ、基礎代謝量によるエネルギー消費量は70%程度なのです。つまりは同じカロリーを摂取しても、この基礎代謝量が低い人と高い人では痩せるということに関しては大きな差があるということです。

スポーツをよくする筋肉質の人、女性より男性、年齢が若い人、皮下脂肪が少ない人などはこの基礎代謝量が高いといえます。脂肪がたくさんついている人のほうが、基礎代謝量が低くなる、つまり太っている人ほど基礎代謝量が低く太りやすい体質だということなのです。
このように痩せたいと思う人にとって、基礎代謝量を上げることはとても重要なのです。運動をせずにダイエット食品のような食品ばかり食べていると、筋肉の量が減ってしまい、痩せるために大切な基礎代謝ができない体質になるのです。気をつけましょうね。

無理なダイエットで、基礎代謝量が低下してしまう

極端なダイエットによる偏った食事は、基礎代謝の働きを低下させ太り易い体質に変えるほかに、感覚が鈍ってしまったり、動作が緩慢になってしまいます。また、思考能力の低下も引き起こすことにもなりかねません。カラダは防御反応(活動維持のため)に、低下した摂取カロリーに対してカラダが活動能力を落とそうとするので、基礎代謝量の減少を引き起こしてしまうのです。このように基礎代謝量が低下することが理由で痩せにくい体質になるばかりか、肉体の活動能力の低下に伴い、若々しさを失い肌のツヤやハリまで失ってしまうことに。ですから、カラダの維持に必要な栄養素を損わないよう気をつけたダイエット法ではならないというわけなのです。ダイエットはこうしたカラダの仕組みを理解した上で行うことが、成功の秘訣なのです。

ダイエットで怖いのは

食事制限や偏ったメニューダイエット法で怖いのが、リバウンドや肌荒れ、拒食症などの摂食障害、ストレスなど。ダイエットを経験したことのある人は、必ずといっていいくらいこのような辛い思いをしたことがあるはずです。では、どうしてこんなことになってしまうのか?理由は様々ですが、ひとつは極端なダイエット方法によるものです。食事を極端に減らしたり、偏った食事メニューにしてしまうことが原因なのです。特に極端な低カロリー食ばかりのダイエット法だと、カラダの基礎代謝が低くなってしまい、太りやすく、痩せにくい体質になってしまいます。
そして何より健康に悪いということです。食べたいものを食べられないストレスや空腹に耐えられなくなり、食事量を元に戻してしまうとたちまちリバウンドしてしまいます。一体何のために始めたダイエットか分らなくなってしまいます。それと、食事制限もバランスよくメニューを考えて食べることができればいいのですが、果物だけになったりダイエット食品ばかりの食事になったりして、極端に偏り過ぎてしまいがちになるのです。炭水化物を一切摂らない方法やバナナだけ、りんごだけ、キャベツだけというような栄養バランスが悪いダイエットもあります。

健康的、かつ効果的に痩せるには、こうした極端なダイエット法は長続きしなものなので、なるべく避けましょう。低カロリー食品が悪いというわけではありませんが、低栄養になってしまうとイライラしたり、カラダを壊してしまう原因になります。カラダに必要な栄養素がなくなると、カラダの機能が低下し始め、吹き出物や肌が荒れてしまったり、胃腸の調子が悪くなってしまったり、女性の場合は生理が止まってしまったりということもあるのです。人間はこのように体調不良が慢性的に続くとそれが大きなストレスになります。ストレスを受け続けると拒食症や摂食障害をひきおこし、一般生活に支障をきたすことさえあるのです。ダイエットをうまく成功させるには、途中で挫折してしまうような極端なものではなく、ストレスを感じずに楽しんで行える方法が理想といえます。

べジーデル酵素液で健康ダイエット

べジーデル酵素液は飲みやすい

ベジーデル酵素液にはたくさんの野菜が入っている
酵素飲料の「ベジーデル酵素液」は、ほかのダイエット飲料や健康飲料に比べて「飲みやすい」ことが特徴です。それは100種類以上の野菜やキノコなどとともに黒糖も使われており、飲みやすさとマイルドさ、そして何より飲み続けることができることが大切だから、まずくて飲むことも辛いようなものでは、断食ダイエットには向いていないのです。おいしく続けられることがキレイに痩せる秘訣ともいえます。

ベジーデルは栄養のバランスが良い

酵素は食べ物の消化をはじめ、血液の循環や皮膚の新陳代謝などあらゆるカラダの働きに関係しています。この酵素が不足すると健康的でハツラツとした若々しい生活は出来ないのです。そして、普段の食事で摂る栄養をしっかりと栄養エネルギーに変換してくれる働きをするのが酵素なのです。ベジーデル酵素液は、このような良質な酵素が配合されているので、カラダの代謝を落とすことなくカラダについている体脂肪を効率よくエネルギーに変える働きをするのです。そうすることでキレイ、スッキリと体重を落とすことが出来るというわけです。

また、栄養素がバランスよく配合されているおかげで、カラダにストレスを感じることがないのが大きな特徴でもありポイントでもあるのです。そして、女性に多い便秘も解消されるので、お肌もキレイになる効果もあるのです。不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸も多く含まれているので、ダイエットによく見られるリバウンドになりにくい体質になる効果があります。通常のダイエット法や断食ダイエットのような偏った栄養になると、貧血を起こしたり長続きしないリバウンドしやすいことになりますが、ベジーデル酵素液断食ダイエット法は、栄養のバランス結果もすぐに実感でき、無理なくキレイに健康的に痩せることができる今大人気のダイエット法なのです。

ベジーデル酵素液 ご愛用者の口コミ

これはスゴイ。ベジーデル酵素液の断食ダイエットを始めて1ヶ月
千葉県在住 高橋恵理子 (33才)

初めてお便りします。仕事柄不規則な生活を10年以上続けており、体重も不自然に増えて悩んでいた33才です。ベジーデル酵素液の断食ダイエットを始めて1ヶ月になります。私は年齢的なこともあるのかもしれませんが、30才を過ぎた頃から太りやすく、痩せにくい体質になっていました。仕事柄不規則な生活をしており、食事の時間も毎日決まった時間に食べるということがありませんでした。寝る前に食べてしまったり、朝食を食べなかったり、昼食もままならないといった環境で生活をしておりました。そんな生活は、体重はもちろんお肌や睡眠にも大きく影響していました。お肌はカサカサになってしまい、メイクもままならないような酷い状態に。それに、変な脂肪のつき方をしてしまい。アンバランスな体型になってもいました。これではいけないと思いつつ、休日はごろごろと寝ているばかりで運動などまったくといっていいほどやりませんでしたし、普段のストレスからか発散方法としてお酒を覚えてしまい、毎晩のように晩酌するようにもなっていました。一人暮らしですから、自由気ままです。食べて眠くなればそのままソファでごろ寝。食事も自炊したりしなかったりと、自堕落な生活を繰り返しておりましたから、太るのも当然ですね。このままではダメになってしまうと、今までの生活を見直すことにしました。食事も気をつけるようにし、お酒も晩酌をやめ、週に2回程度それもお休みの前の日だけ、というふうに生活を律していきました。

それでも、これまでの不規則な生活でついた脂肪は全然落ちることは無く、食事をしなくても体重は変わらなかったんです。プチ断食のようなものを自分で決め、お休みの日2日間食事を摂らないなんてことも試してみましたが、その2日間だけは確かに体重は2キロほど落ちているんですが、翌日普段どおり食べてしまうともとに戻ってしまうんです。もとに戻るだけならまだしも、その断食の後遺症といいますか反動のようなものが、次の日からの食事の量を増えさせてしまう、といった最悪のパターンを繰り返しておりました。その度に自己嫌悪に陥るのですが、同じように絶食をすると、また同じことを繰り返してしまうのです。こうした意志の弱い自分がすごく嫌で、ぼろぼろの肌をしたやつれ顔の自分が嫌いになっていたんです。私の性格上、何とかダイエットとか継続しないと効果の無いものは実行できないんです。「もういいや」そんなふうに考えることが増えていたころ、得意先の女性から誕生日のプレゼントとして「ベジーデル酵素液」を頂いたのです。

以前、私が太って困っているという話を覚えてくださったようで「実は私も同じような悩みで飲んでいるんだけど、試しに飲んでみて」と、このベジーデル酵素液の飲み方やダイエット方法は、詳しくこの方から聞いて「まぁ、せっかくだし、試してみようかな」程度に始めたのがきっかけでした。断食というと、私は苦い経験が頭にありましたので「反動が怖い」と、最初は躊躇していましたが、毎日じゃない、というのが取っ掛かりとしてハードルが低かったんですね。スムーズに始めることができました。これが不思議と断食の反動といいますか、食べたいという欲求が起きなかったんです。「あれ、これなら続くかな?」これが一番最初に飲んだ感想です。

実は1週間毎日やってみたんです。効果がどのくらい出るのか知りたかったので。そして、2週目の最初に体重計に乗って私は目を疑ってしまいました。たかだか1週間飲んでいただけなのに、何と6キロも体重が落ちていたんです。最初は体重計の設定をマイナスしているんじゃなかと、2回も電源を入れなおして測りなおしましたが、間違いなく6キロマイナスだったんです。そのときは思わず「えーっ」と大きな声を出していました。「まぁ、食事の量が普段より減ってるからその分減ってるだけかな」と、その時は冷静にしていました。今までの自己流断食法の結末を知っていましたから、どうせ明日以降同じ量を食べてしまえば元に戻ってしまうのだから。それが大きな勘違いだと気づいたのはその翌週のことでした。次の週体重を測ったら更に3キロ減ってるんです。もう目を疑うしかないような数字でしたから。2週間で9キロですよ。リバウンドしている形跡が無いんです。それに、体調がすこぶる良くなっているのです。朝起きるのがとても楽になっていて、今までは何となく疲れが取れていないような、だるさが残るような寝起きだったのが目が覚めるとシャキッとしてるのが分るんです。カラダ全体が生き生きしているようにも感じます。これも、この酵素のおかげなのでしょうか?ベジーデル酵素液は抜群な働きをしてくれました。おすすめします。

健康成分はサプリメントから摂ろう

ラクトフェリンで便秘解消しましょう

ラクトフェリンは、母乳にたくさん含まれている
「ラクトフェリン」とは、母乳や涙などの外分泌液中に含まれる鉄結合性の糖たんぱく質のことを言います。このラクトフェリンを摂取することによって、腸内で胆汁酸と結合することで便秘解消に効果があるといわれています。結合することにより、ラクトフェリンが善玉菌であるビフィズス菌の増加に働きかけ腸内環境が整えられるため、便秘の解消へと繋がるのです。ビフィズス菌増加に繋がるラクトフェリンを多く効果的に摂取するには、新鮮な状態での生乳やチーズを摂取する必要が出てきます。加工されているヨーグルトからは残念ながら少量しか摂取することができません。なぜならラクトフェリンは、熱や酸に弱いため加工されたものでは効果が期待できないのです。生乳などからの新鮮な状態での摂取が難しいのであれば、サプリメントで摂取して腸まで届くようにして、便秘改善へと繋げましょう。

ラクトフェリンが安心して飲める理由

ラクトフェリンは、母乳に含まれる高い抗菌、抗ウィルス活性作用を持つ成分で、特に出産直後の母親の母乳の中に多く含まれ、乳幼児をさまざまな感染症から守る働きがあります。
他にも免疫力を高めたり、腸内環境を整えたり、鉄分の吸収を高めて貧血の改善をするなどの働きがあります。
ラクトフェリンの摂取量の上限は、明確に定めたデータはありませんが、1日あたり7.2gを摂取しても悪い影響はないという試験結果が出ています。市販の製品に配合されている量は通常100~200mgなので、過剰に摂取することはほぼありません。また動物による毒性試験でも全く問題はみられませんでした。このように様々な試験で問題ないという結果が出ている理由から安心して飲んでいいと言えます。

DHA・EPAサプリメントはおすすめ

DHA・EPAサプリメントは、1000円ほどのお値段からはじめられる商品が沢山あります。この価格は、はじめの1回限りという形が多いのですが「効果を感じられれば継続してください」ということなのでしょう。
1000円くらいなら、お試し価格としては妥当だと思います。値段が高いものからはじめて、まったく効果がないということもあるので、選びやすい価格のものからはじめられるのはありがたいことですよね。ただ、サプリメントって継続して続けないと、その効果は分からないものですから、サプリメントを試す場合は、じっくりと腰をすえてってことも忘れずに我慢しましょう。

DHA成分は優れた健康効果がある

「DHAサ」について調べてみると、とても興味深いことがわかりました。DHAという成分は、記憶力や判断力のアップにとても役立つと言われていて、もっと言えば、認知症の予防改善効果があると言われているのです。老化の原因で鈍った頭をスッキリサポートしてくれるのです。若い方達はピンとこないと思うますが、この物忘れについては歳を取ると大きな悩みのひとつになるのです。そして、他にもいろんな効果があって、コレステロールや中性脂肪を抑える働きや血液の健康、生活習慣病の予防効果もあります。健康のためにDHA成分が入るサプリメントはおすすめしますね。

更年期障害のめまいに効くサプリサプリメント

更年期障害の症状には「めまい」があります。突然、周囲の景色がぐるぐる回っているように感じる回転型めまいは、平均感覚を司っている三半規管に炭酸カルシウムの粒が剥がれて入り込むことで刺激が加わり起こります。ゆれているような感覚で、浮遊感を感じる浮動性めまいは、脳血管障害や高血圧、神経の乱れなど、脳の血行障害が原因とされております。そんな更年期の症状にサプリメントはおすすめです。まず、プラセンタ成分が入るものが一番だと思います。女性ホルモンを補うのと同じような働きがありますから。次に、ビタミンB群が含まれているものが良いでしょう。精神を落ち着かせる働きが高いものです。原因としては、女性ホルモンのバランスが乱れるとともに自律神経のバランスが崩れることにより、ストレスが溜まるため、精神を安定させることにより症状を軽減させることができます。

更年期と関節痛の関係

女性ホルモンのエストロゲンの減少により、更年期障害は起こります。その症状は様々で、精神の変化や、肉体の変化など、いろいろな形となって現れます。精神的なものとしては、イライラしたり、悲しい気持ちになったり、落ち込んだり、元気が出ないなど、いいことはありません。
また肉体的なものとしても、疲れやすい、顔がほてる、汗が噴き出る、寝付きが悪いなど、これでもかというようなラインナップです。おまけにエストロゲンの減少により体内のカルシウムが不足して、関節痛を起こしやすくなりますから、更年期障害は、正に踏んだり蹴ったりです。改善策としては、サプリメントを摂ることで栄養素を補い、体質の改善を試みることです。但し、サプリメントは栄養補助食品ですので、その効果には十人十色といった形があることをお忘れなく。